侍ナース!!

アラフォー男性看護師長が、偏見に満ち溢れた極論で看護の世界を斬る!

お金は大事だよ

しかし!
しかし、です。


それにしても給料良すぎるだろ!
という気持ちでいっぱいです。


ごく一部の例になりますが、
生死をさまよっている患者に対する現場の修羅場ぶりや、
検査やリハビリの為に次々と患者を車椅子に乗せなくてはいけない疲労、
点滴を失敗したと患者に言われる嫌味や外来の順番が遅いと怒鳴る患者に対する苦渋・・・などなど


これらの業務がなぜ、精神科の看護師さんより安いの?

と素朴に疑問視します。


それは「偏見」のみで片付けられる事なのでしょうか?


精神科には精神科にしかないストレスが、
一般病院には一般病院にしかないストレスがあるはずです。


そして今や、精神病名の安売り状態です。
真偽もへったくれもありません。
アレもコレも「心の病気」として立派な病名が掲げられています。



じゃぁ、ここで一発ブビーっと屁理屈こねますが、



精神疾患の患者が一般病院に訪れる率が単純に増加するじゃないか、
ほんじゃぁ、精神科と同じ看護を提供しなくちゃなんねぇんだ、
サクッと精神科と同じ給料にしやがれ、コノヤロ〜



と言いたい!
誰にかはわかんないが、言いたい!!


前回「精神科の看護は難しい」と書きました。
そして「一般病院では適切な精神科看護はズバリできないだろう」とも書きました。
そして「その逆もあるだろう(精神科看護師が一般病院対応患者は看れないだろう)」とも。


矛盾した言い方になりますが、
結局はどちらも同じ資格で同じ看護職なのです
看護の仕事は「どれも難しい」のです。
そこに給料としての差はないハズです。


もし、そこに差があるとすれば病院の利益での差のみです。
儲かってる病院は給料が多い。これだけでしょう。
(精神科病院が儲かるシステムなのか?・・・単純にそうなんだろうな・・・)


事実として、
一般病院勤務の多くの看護師が
「給料安いし、精神科行こうかな」
と1度は考えます。
 

そして、精神科へ再就職(=鞍替え)される看護師は沢山います。


そこでは「偏見手当」は見事狙い通り「ものすごい魅力」としてとらえられています。


そして、その看護師達は「精神疾患=患者に対する偏見」はあまりなく、
「楽そうだ」「処置も少ないだろう」「それでいて給料がいいだろう」
という「精神科への大いなる偏見」を持って行きます。


無論、病院によって様々でしょうが、
このような看護師が抱いている下世話な下心はこんなもんです。


精神疾患患者へ、このような看護を提供したいんだ!」
という、立派な志を持つ看護師は、きっとごく少数でしょう。
俺の周りには少なくともそんな動機の奴は皆無でした。
(別に高給を目的とすることに異論はありません。)


要するに、違う形で偏見は続いている、と言いたいのです。



それとももう1つ抱いているとすれば
「もう一般病院での仕事はできない」
と言う気持ち。



これは別に「穢れ」の思想ではなく、
要は「救急対応や点滴などの手技は忘れてしまうだろう」という心情を言い表しています。



ここでも
一般病院と精神病院は別だ
という考えが出て来ています。



結果として、偏見手当と呼べるような
無駄に高い給料形態がある限り
あらゆる精神科への偏見は続くと思います
偏見なんて時代錯誤だ!
と言いたいのなら、
精神科病院の給料を見直せ!と言いたい!



一度上げたものは下げられない。
なら、コッチを上げてくれ!



という、大いなる負け惜しみを含んだ屁理屈でした。





↓同感できる方、クリックしてみてください

人気ブログランキングへ




↑他の資格でも同じような事あるんでしょうね