侍ナース!!

アラフォー男性看護師長が、偏見に満ち溢れた極論で看護の世界を斬る!

看護協会に連盟、なめんなよ。

毎日毎日、なんでこうも忙しいのか。

ブログ更新も、ままならず、充実した日々を過ごしています。

書きたいことはあるんですが、時間がない。

まとめられない。

悪循環な状態です。





それでも2週間更新せずとも「ランキング」は20位前後を常に保持しており、大変感謝しています。

それが書く原動力になることも事実です。




頻回に更新していた時は10位以内にもなり、嬉しかったものです。

しかし、ブログは所詮、俺にとって「余裕ができた時にする事」であり、


これからも更新は適当ですが、どうかお付き合いくださいませ。














突然ですが。



もうすぐ参議院選挙ですね。

てか、衆議院選挙もあるのか、ないのかは微妙ですが・・・。


みなさん、どの党に興味あります?

ほんと、政治に関しては最近悩みますよね〜













と言って、政治ネタを切り返すことのできる看護師の少なさよ!!!









これ、ホント情けない。

いい大人が政治に興味ないのは、一般的にカッコ悪すぎる。





俺は「大人になったら投票に行くんだろうな」と思って生きてきたから、

ものすごい興味津々で20歳で投票に行ったし、

「大人になったら新聞やニュースしか見ないんだろうな」

と思って生きてきたから、自然と政治に関心は沸いたもんです。

「しか見ない」と言う部分では違いますが。

きっと、今の子供もそんな目で「憧れてる」はずです。

「ホントは政治に興味ない大人」なのにね。

カッコ悪。










さて、政治に無関心なのは、常識として「ヤバイ」と言う感覚はみんなあると思います。

ましてや、看護師が政治に無関心なのはいただけません。

絶対的に興味を持つべきです。








昨今の年金問題後期高齢者医療制度問題など変わりゆく・・・・








とか言うと「うざい」ですね。





俺も、こんな切り口から語られたらたまりません。




 
じゃぁ、看護師としてなぜ政治に興味がないといけないのか。




まず、高齢者やいわゆる団塊の世代の患者さん達と政治ネタが話せない。




「そんなこと話さなくていいやん!」




と言う奴はバカタレです。






看護職はサービス業です。

こちらが話しかけなくても、患者さんが言ってくることがある。

極力、それにうまく「かえす」必要があります。

そのためには、絶対的に知識が必要です。

コミュニケーションは何も雑談だけではありません。



患者の政治思想を知ることは患者の個性を知る重要なポイントになるはずです。






「え〜、わからへん〜(笑)」

と切り返せるのはカワイイ20代の看護婦だけ、と法律で決まっています(勿論ウソ)。




ましてや看護士で

「え〜、わからへん〜(笑)」

と切り返すのは、自分の信頼度を落とす事になることを肝に命じましょう。




「そんなバカタレにワシの身体をあずけれるか!!!」

と、俺がジジイならキレるね(マジ)。








あと、政治に興味がないのは何がいかんのか。

それは、「看護連盟」について理解していない恐れがあるから。






かれこれ10年以上、この世界で働いていて、毎回毎回疑問だった。

「看護協会に入りなさい」

という、「強制ではない」と言う名の「圧力」。



「看護師は全員入らないと、なにか病院にペナルティでもあるのか?」

と、マジで思ってた(いや、あるのかな?)。





「毎年1万円近く集金しやがって。

 つまんねー、看護協会新聞なんて無駄に刷りやがって。誰が読んでんだ?

 WEB版の看護協会新聞だけで十分だろうが!

 ま、WEB版の看護協会新聞なんてやっても、ほとんど読まねーだろうけどな!!

 しかも、原色の服着たババアばっかり載ってるし・・・・

 それに布団屋と進学の広告ばっかり載せやがって。

 俺の1万円、こんな新聞に使うなっての。

 それに研修だって、1年に1〜2回行けたらいいくらいなのに、1万は高いよ。

 しかも、「協会員は2000円です」って、なんで協会費払っててなおかつ参加費いるのよ!!

 パワーポイントが印刷してある資料だけじゃ見合わねーよ。

 せめて昼飯くらい出せ!!!」



蓮舫!! ここにも鋭くメス入れろ!!!!!







閑話休題





 

この看護師であれば、ほとんどの方々が「強制じゃない圧力」で入会している「看護協会」。


そして多くの方が同じように「強制じゃない圧力」によって入会しているであろう「看護連盟」。


これ、実は(という程でもないが)看護協会の政治部門的ポジションが「看護連盟」です。


組織としては別物扱いしてますが、


看護連盟は自民党とバッチリ仲良しさんでして、「看護師の意見を政治に!」というコンセプトであるわけです。


だから、看護協会新聞なんかで出てくる「元看護師」とか言うおばはん立候補者はみんな自民党でしょ?


当然といえば、当然の流れです。


要するに、看護連盟に加入している看護師は必然として「すでに政治にからんでいる」わけでして、


「清き1票」を投じるよりも、超政治に密接な関係を加入した看護師はもってるワケです。


身銭をきってるのに、政治に興味ないなんて、矛盾してません?


コレ知らなかった看護師は完全にアホ扱いされてることに気づいてね。




ちなみに、完全に政治色がはっきりしている病院では看護協会も看護連盟も入会勧めないのかな?


気になります。





ちなみに、みんな大好きWikipediaには



「2003年の政治資金収支報告書によると19万5500人の会員から9億7752万5千円を集め、日本医師連盟に次ぐ集金力を持っている。」




となっとります。


はっきり言って、俺たちの金ですなこれは。



この内、いくらが本当に「看護師地位向上などの希望を自民党にこめて!」という思いで集まった金ですかね・・・








ま、世の中のルールを決めているのは政治だし、


それに興味がないのは自分がバカなんだな。


1票入れない奴に至っては、今の世の中に文句言う資格もないはず。





看護協会に看護連盟。


あまりにも不透明すぎるぞ。

ありとあらゆるものが。





自分より賢い奴らが、どんどん賢い仕組みでアホな俺らを利用しやがる。







おい、看護協会に連盟。 あんま、俺らをナメんなよ。






↓恥ずかしながら「看護連盟」の意味を知らなかった方、どーぞ。
人気ブログランキングへ