侍ナース!!

アラフォー男性看護師長が、偏見に満ち溢れた極論で看護の世界を斬る!

世界は誰かの仕事でできている

看護師になんか、ならなくていいじゃないか。

なんでそんなに拘るのだろう。

何回も実習受からない学生見てると強く思う。

もちろん、何度もテストで合格しない奴にだって思う。

なんで「こんな仕事」に固執するんだろう。

 

 

 

 

小さな頃からの夢なのかもしれない。

かかった学費やかけた時間、

それを取り戻すためにかも知れない。

だけど、もう諦めろよ。

 

 

 

 

 

現場に出れば、いろんな看護師がいる。

良いところも、悪いところも、みんな持ってる。

そのバランスが狂うことで、

「良い看護師」「悪い看護師」と言われてしまう。

だけど、そうじゃない看護師もいる。

「そもそも看護師に向いていない看護師」だ。

 

 

 

 

 

なんでそんなに看護師なんかになりたいんだ?

夢だとしても、見極めなきゃ。

やりたいことと、

仕事として成立するかは別問題だ。

勉強をしないなら、勉強がわからないなら、

ずっと勉強していかないと勤まらない看護師には向いていない。

実習や国試受かったら終わりじゃないんだよ。

 

 

 

 

 

「親が絶対になれ」と言うから、と答える奴もいる。

なんで不合格繰り返す我が子に勧め続けれるのかわからない。

 我が子の能力を見極める事ができないのか?

得てして、その手の親の子供は、親に逆らえないと嘆く。

 

 

 

 

 

資格がある仕事が安定だから?

 なぜそう言い切れる?

医者ですらAIの時代かもしれないんだぜ?

看護師なんかPepper君で十分な時代がもしかしたらすぐそこかもよ?

安定なんてどこにもないよ。

安定させる努力をし続ける奴にしか、安定は無いんだよ。

 

 

 

 

 

いいかい?

勉強もしない。

実習も受からない。

親に言われるから辞められない。

安定しか求めていない。

そんな奴らは看護師なんかになるな。

 

 

 

 

 

 

 

看護師は人を殺すかもしれない仕事なんだよ。

誰かを殺す前に、他の仕事に変えたほうがいい。

 

 

 

 

 

 

 

惰性で看護師になってしまった奴を何人か見ているけど、

本当に苦しんでるよ。

そして、自分でも親でも将来でもない、

何よりも、そんな看護師に看られている患者が、

一番危険で不幸なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「世界は誰かの仕事でできている」

さぁ、缶コーヒーでも飲んで、

本当に自分が看護師に向いているのか見つめ直そう。